上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「オリンピック代表=国民の代表」という違和感について。

ふと思ったんだけど、国内で結果を出した人達が日本代表で
世界大会に行くけどね。
それって、その人個人が頑張って選ばれただけなのに、何故
「日本国民代表」になるの?

そもそも、日本国民代表としてならば、
「オリンピック精神に則って日本人としての行動をしなければならない。」
のであって、「服装や容姿や競技外の行動に関して人に不快感を与えない失礼な行動を慎む。」ことが全てじゃないの?

何故か競技に関しても選手個人の問題なのに、
負けたら「日本人の誇りを傷つけた」
みたいな展開で攻撃されなきゃいけないのか、全く理解に苦しむ。

強化費用もそうだ、負けたら「税金泥棒」とか言われるけど、
その費用は日本国内で選ばれた時点での「褒賞」であり、「権利」であるのに、
オリンピックでメダルを取れなかったから返金しろって…
「お前の企業を信頼して株買ったのに、下落した金返せ」
って、無茶行ってるのと同じやん。

そんな事ばっかり言ってたら、隣の国と同じ精神構造って言われても言い返せないよ。

ほんと情けない。

選手ってのは

オリンピック代表=その競技の日本代表
であって、

オリンピック代表≠日本国民の代表

ではない。

そう私は思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。