上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラブル始めて9カ月。当初全く取るつもりもなかった十天衆でしたが、何の因果か風キャラに恵まれたおかげで取る事になりました。
そう、十天衆頭目の「シエテ様」を!

七星剣を最大まで強化するのも大変ですが、この方とバトルも大変です。
みなさんご存知だと思いますが、大体の人達は「火PT」で対戦すると思うんですよ。

でもね、でもね、

『風キャラしか整ってないユーザーにどないしろって言うねん!!』

って言う人もいるんですよ。絶対!

「火のSSRなんて1人も居ないんですよ!」
っていう俺みたいにw

そこで、参考になるかどうか判らないですが私が倒した時のPT構成と
戦闘方法をお伝えしようと思います。(動画とっとけばよかったと後悔)

構成

①主人公(サイドワインダー)EXアビ:かばう
②我輩さん(lv100)
③サラさん(lv80)
④レナさん(lv80)
ーーーーーーーーー
⑤ペトラさん(lv80)
⑥水着宝石女(lv80)





使用武器

メイン武器
・ティアマグ銃(☆3 スキル10)

サブ武器
・ティアマグ銃(☆2 スキル10) 
・ティアマグ銃(☆0 スキル5)
・ティアマグ拳(☆3 スキル10)
・ティアマグ拳(☆2 スキル10)
・ティアマグ拳(☆2 スキル10)
・カエルベル(☆3 スキル10)
・カエルベル(☆2 スキル10)
・バハ短剣 (☆3 スキル10)
・七星剣 (☆3 スキル10)



召喚SET (全て3凸)

メイン
・アナト

セット
・ユグマグ
・風鞄
・コロマグ
・ティアマグ




戦闘方法   (討伐後の記載の為、少々記憶が曖昧ですご了承ください。)

大まかな流れ

①相手の初撃奥義を躱す。
②サラさんのアビを有効に使いつつ最初に沈ませてペトラ様とチェンジ
③ペトラさんの3アビ使って殴り合い。(この時奥義ぶっ放せたら最高)
④味方のアビを使わずに殴り合い。相手がブレイクしたら我輩さんの2アビ使用
⑤相手のHPが半分以上削れて全員沈んだら薬品復活。そうじゃなければやり直し。
⑥サラさんの1アビが使用できるなら使用する。で、沈ませてペトラで攻撃力底上げして奥義発動
⑦シエテ様が仲間に入る。


解説

初手で相手の奥義が炸裂します。

サラさんの超絶カットを使用してしまうと後々耐えれなくなるので、サイドワインダーの完全回避とEXかばうを併用し完全カットします。

勿論、相手の奥義でアビリティ封印が来ますので、サラさんの2アビを予め発動させておく事が重要です。
我輩さんの1アビと3アビもかけておきましょう。
次の奥義までにサラさんのアビが封印されていなければ、1アビと3アビを使ってダメを最小限におさえます。

HP残75%ぐらいで強制ODと奥義発動されてしまうので、通常時の奥義発動
相手の奥義発動ターンにタイミングに合わせて発動させると少し展開が楽になります。

その後、HP半分以上削れればゾンビアタック!
エリクシール復活してアビ乗っけ盛りして奥義ぶっ放したら大体勝てるんじゃないかと思います。



風パでの対シエテ戦は気合いと運の勝負です。
レナさんがアビ封印を避けてくれたら勝率が上がるはず。
火PTが育ってない騎空士様の参考になれば幸いです。
以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
自分も風パ育成しててシエテ欲しいなーってなった時によくよく考えたら火パ持ってないから手に入らないじゃんって気付いて
なんとか風パで倒せないか考えてたらこの記事に辿り着きました。
ネツァ、サラ、ぺトラは持ってるんですけどレナがいないんですよね
やはりシエテ討伐にSSRクラスの回復キャラは必須でしょうか?

風カーバンクル3体の3凸でループすればなんとかなるかもって思ってましたw
まだ完成はしてないんですけどね

風パさんいらっしゃーい

ようこそ、辺境のブログへ
コメントありがとう。

さて、ご質問の件ですが別にSSRじゃなくても良いかと思います。
ティナさん持っていれば最終上限解放して回復&デバフ要因で入れてみてはどうでしょう?

シエテ戦の肝は「耐えきる力と殴る力を高める」事なので。

ちなみに鞄三枚用意しても6ターン耐えきれなければ沈んじゃうので、上手くいくかな?
と、思ったりしています。火の召喚でいいのあればそれをセットしてデバフ効果叩き込むのが重要だと思います。

まぁ、シエテ戦は汁飲まなければAP0で何回でも挑めるので、色々試して2/3削れたら汁復活して奥義叩き込めば大丈夫かな?

風パで頑張るあなたを私は応援してますよ!

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。